医療従事者の方へドリップバッグをご提供させていただきました

去る2月2日、新型コロナウィルスに罹患された患者さまを受け入れ対応されている、倉敷中央病院さまにてアコルドブレンドのドリップバッグを1000個ご提供させていただきました。



年末年始にかけて岡山県でも感染拡大により、病床が逼迫していることを報道で頻繁に目にするようなりました。


わたしたちはコーヒー専門店ですが、きっと何かできることがあるのではないかと、この時から毎日考えるようになりました。


当店のお客様からも、何かコロナで困っている所へ支援したいけれど、何をどうすれば良いか分からないというお話を耳にすることもありました。


私個人としても、かつて西日本豪雨のとき、肺炎にかかり自宅で倒れ救急搬送された経験から、逼迫する医療の最前線で体を張って対応してくださる医療従事者のみなさまになにかできないかと思っておりました。



このような経緯で今回、私個人の思いと、アコルドコーヒーをご利用いただいているすべてのお客様の何か支援ができないかという思いを医療の現場に届けるために、年始に販売した福袋の収益をドリップバッグ作製の費用に充てさせていただきました。


現在、医療従事者というだけで行動が制限されたり、カフェに行くこともままならないということから、少しでもおいしいコーヒーでホッとひと息つける時間を作っていただきたくて、場所を問わず飲んでいただけるようにドリップバッグに致しました。


まだまだコロナ収束の糸口が見えないですが、いつかみんながコロナを気にせずに楽しい時間を過ごせる時が来ることを願っております。



最後に快く相談にのってくださった玉島商工会議所の課長の八木様、専務理事の三宅様、取材を引き受けてくださった山陽新聞社の岡田様、玉島ケーブルテレビ様、わたしたちの思いを受け入れてくださった倉敷中央病院のスタッフのみなさま、本当にありがとうございました。


#コロナに負けるな

#医療従事者に感謝

#お客様に感謝

#アコルドコーヒー

#acordocoffee



44回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示